学部・編入学

ICT教育(学修支援)

在学中から卒業後までICTで「学びを止めない」環境を実現

京都看護大学ではいち早くタブレット端末を活用した授業を導入し、独自のICT教育を展開しています。

入学時から全学生がiPadを使用し、膨大な知識や看護技術の効率的な修得に生かしています。

卒業生のiPad使用やオンライン講義も実施。どんなときも、またいつまでも学び続けられる体制を整えています。

  • 授業、演習、自宅、卒業後もiPadで学びをサポート

    授業や演習で、動画や本学独自の資料を閲覧しながら学んだり、情報を共有してグループワークを行うなど、多彩な学びを実現しています。

    また自宅や実習先にも携帯し、学んだ内容やテキスト、資料を閲覧できます。在学中はもちろん、卒業後に看護師として就職した後も、在学時のテキストや資料を確認・活用し、繰り返し学び続けられるようサポートしています。

    演習中

    ICT-演習中iPadで自分の援助場面を録画し、手技を繰り返し確認することで、着実に技術を高めていくことができます。臨地実習にもiPadを携帯し、参考資料を閲覧できるので、実習効果も格段に高まります。

    授業中

    ICT-授業中講義やテキスト教材に加えて、動画や時事情報などの資料を呼び出し、閲覧しながら学修。iPadを活用することで、より深く理解することができます。

    予習・復習

    ICT-予習・復習通学中や自宅、カフェなど、空き時間を有効活用し、予習・復習することができます。

    卒業後

    ICT-卒業後卒業後も3年間、在学時のテキストや資料を確認できる環境を構築。学び続ける卒業生をサポートしています。

    在学中、そして卒業後も、
    iPadですぐに確認できます。

  • リアルタイム型遠隔講義システム

    本学が開学当初より設置しているクラウド上の教室で、オンライン講義を実施しています。パソコンやiPad、スマートフォンで、リアルタイム視聴はもちろん、双方向のディスカッションや質疑応答も可能。遠隔地からでも教室にいるのと変わらない臨場感で学ぶことができます。講義で使用された資料も共有されるので安心です。講義の他に個別面談や就職支援にもこのシステムを活用し、学生の学修や就職活動をサポートしています。

    • リアルタイム型遠隔講義システム1
    • リアルタイム型遠隔講義システム2
  • アプリを活用
    eテキスト

    iPadで、さまざまなデジタルテキストを閲覧することができます。数多くの教材を持ち歩かなくても、まるで本学の図書館を携帯しているかのように、いつでも必要な時にテキストを開くことができます。臨地実習先や自宅学習など、時間や場所に影響されずに学習できます。

    • eテキスト
    • eテキスト
    • eテキスト
    BookLooper

    電子書籍配信サービス“BookLooper”を導入。入手や閲覧の難しい学術書もiPadやスマートフォン、パソコンで閲覧できます。さまざまな書籍を一元管理し、効率的に学修、研究できる環境を整えています。

    • BookLooper
    • BookLooper

在学生の声
iPadを使えば、勉強した内容を友達とも簡単にシェアできます。

看護学部 看護学科 4回生 広島県・海田高等学校 出身
大野 未緒 さん

i Padは教科書や資料を見られるだけでなく、重要な部分にラインを引いたり、書き込みをしたりすることもできます。授業中スクリーンに映された資料の撮影もできるため、復習するときにはとても便利。メモした内容は家に帰ってから改めて紙の教科書に書き込みをしたり、ノートにまとめたりすることで記憶を定着させています。友達と勉強した内容を簡単に共有できることも、i Padを使うメリットのひとつです。

ページ上部へ