生涯看護教育・
産官学連携

卒業後も続くキャリアサポート 生涯を通して学び続け、看護の発展に寄与する看護師を輩出 卒業後も続くキャリアサポート 生涯を通して学び続け、看護の発展に寄与する看護師を輩出

産官学連携・リカレント教育・卒後教育を通して、生涯看護教育とキャリア形成をサポート。
次世代においても活躍し続けるため学びの場を用意しています。

学部教育と接続した生涯看護教育

看護職は実践を積み重ねて「より良い看護」を提供するために、生涯にわたって学び続けていかなければならない職業です。
本学では、看護学部3年次編入学・大学院・看護の智協働開発センターなど、「進化する看護学について学びたい」「更に能力を高めたい」という人を迎えて学べる体制を整えています。
看護師養成教育から看護師教育(産官学連携・リカレント教育・卒後教育)まで、生涯看護教育を実践します。

リカレント教育

看護の智協働開発センター

看護の智協働開発センターは、学生・教員のほか、看護職者・卒業生・市民・企業などが集い、コミュニケーションを図りながら学び合うことで、看護の発展につながる智を創り出していく活動を行っています。看護職者が学ぶ姿に触れ、キャリア形成や就職への関心を高めるとともに、卒業後も「看護の学び」を深めていく中核的な役割を担っていきます。

看護の智協働開発センターの活用 看護の智協働開発センターの活用
看護の智協働開発センターの活用

主な取り組み

市民と協働
市民の皆さんにも模擬患者などで看護教育に協働して頂いています。市民の皆さんと触れ合い、人々の健康な生活の維持と増進に貢献することで、学生自身が看護職として学び続けることの大切さを学ぶことができます。また、人々の健康な生活の維持と増進に貢献することを目的とした「市民公開講座」も開講しています。
卒後教育
本学卒業生にはリカレント教育の場として、卒後教育プログラムやホームカミングデーなどを実施し、職場定着や看護職としてのキャリア形成支援を行うことで社会に貢献していきます。卒業生が生涯を通じて看護専門職としての能力を向上・発揮し続けることも支援します。
新人看護職員教育プログラム
新人看護職研修ガイドライン(厚生労働省)に基づき1年を通して行っている研修です。看護師・助産師免許取得後、初めて勤務される方を対象に行っており、他施設の新人看護職同士が交流することも目的にしています。
京都市看護職能力向上・定着確保研修プログラム
医療機関等の看護の質の向上及び看護師(准看護師を含む)の定着を図るため、看護実践能力の発達状況に応じた学習を支援するために研修を行っています。

看護の智協働開発センター【プログラム例】


  • ホームカミングデー

  • 市民公開講座

  • 新人看護職員教育プログラム

※2020年度は一部オンラインで開催しました。写真は2019年度の様子です。

新人看護職員教育プログラム/ 京都市看護職能力向上・定着確保研修プログラム

新人看護職員教育プログラム/ 京都市看護職能力向上・定着確保研修プログラム

「看護の智協働開発センター」ページはこちら

大学院

今後ますます進展する少子・超高齢・多死社会において、社会や人々の看護ニーズに応えていくため、大学院を開学しました。「看護の智探究領域」と「地域生活支援探究領域」の2領域を配置。また、地域生活支援探究領域には全国でも数少ない大学院での「保健師コース」も設置しました。将来、地域包括ケアシステムを推進する看護実践者及び保健師、大学などにおける教育研究者の養成を目指しています。

大学院保健師コース 保健師国家試験合格率、自治体(保健師)採用試験合格率:1〜2期生 100%

大学院
京都看護大学 大学院 看護学研究科 修士課程
  • VOICE

    地域での生活を支援する保健師に。

    京都看護大学で学んだことから地域住民の健康を支援する保健師という仕事に魅力を感じ、大学院進学を決意しました。地域生活支援領域での学びは、病院だけでなく地域も視野に入れるというのが特徴。患者様の退院後の暮らしぶりまで考えるところに奥深さを感じます。今後はさらに地域を見る目を養い、保健師としての役割を自分なりに発見したいと思っています。

    京都看護大学 看護学部
    看護学科 2期生
    大学院 地域生活支援探究領域
    保健師コース 2期生
    桑田 日向子

    桑田 日向子
  • VOICE

    患者様と一緒に考え、寄り添える看護師に。

    大学院では、訪問看護師として現場で行っている看護を振り返りながら、理論と照らし合わせていくことで看護の本質について学んでいます。目標は、授業や研究を通してより高い実践能力を持った看護師として、能力を社会に還元していくこと。卒業後は、患者様が望む生き方を一緒に考え実現できる看護を提供したいと考えています。

    大学院 看護の智探究領域 M2
    石﨑 真希

    石﨑 真希

「大学院」ページはこちら

3年次編入学

編入学について

看護師養成課程別に合わせた編入学履修カリキュラム

3年次編入学においても、教育理念を達成するための教育目標を志向しつつ、単科大学である本学の特色を生かし、看護学の学士課程において修得すべき学習成果に到達できるよう、カリキュラムを準備しました。また、養成課程(3年課程、2年課程、高等学校・専攻科5年一貫教育(看護師養成課程))別にあわせた編入学履修カリキュラムを準備し、幅広く学生を受け入れます。リカレント教育として、編入学される看護職者の方も増えています。

学びの特徴

(1)一般・教養科目を幅広く修得できる。
(2)キャリア発達と研鑽し続ける基本能力の向上を養うことができる。
(3)研究能力の基礎を培うことができる。
(4)学部教育と接続した大学院で体系的な看護学の学問構築ができる。

学びの特徴イメージ

学びの特徴イメージ

3年次編入学イメージ
  • VOICE

    看護を学問として学び直したい。

    臨床で実践してきた看護を学問的に考えることに関心があり、編入を決めました。さまざまな科目があるため、幅広い知識が身につきます。また、編入生を対象とした少人数のゼミで先生方がサポートしてくださるので、安心して学ぶことができます。今後の目標は、研究を通して論理的思考能力を習得すること。将来は看護師の育成に携わりたいです。

    看護学部 看護学科 3期生
    京都桂看護専門学校 出身
    編入前: 看護師として勤務
    松成 範子

    松成 範子
  • VOICE

    人生に寄り添う保健師を目指して。

    より専門性の高い学習と看護職者としての品位や求められる能力を身につけるだけでなく、将来の夢である保健師資格の取得のため、大学院も併設されている京都看護大学に編入しました。日々の学習は大変ですが、夢の実現へと着実に近づく実感が得られ、とても充実しています。



    看護学部 看護学科 5期生
    日星高等学校
    (看護科5年課程) 出身
    内田 汐音




    内田 汐音

産官学連携

中京区役所との合同企画

中京区役所と本学は、開学当初より防災や区民の健康づくり等の面で連携・協力関係を築いていましたが、今回のコロナ禍により、これまで以上に地域における医療や健康への関心やニーズが高まっていることから、今後、より安心・安全に暮らせる地域づくりを実現していくとともに、相互の交流により地域の将来を担う人材の育成を図っていきたいとの思いから、2020年11月に連携・協力に関する包括協定を締結しました。
中京区役所と本学の連携・協働の取組として、複数企画しています。

〈合同企画例〉

●コロナ禍における区内在住の妊婦・子育て中の母親の生活行動、情報チャンネル、利用サービスの把握
●めざせ健康長寿区~中京区発、足の健康プロジェクト~
●Healthy Community 中京!!

富山県 あさひ総合病院との連携

協定都市・富山県朝日町にある「あさひ総合病院」が看護体験を開催。本学の学生が、朝日町での生活やあさひ総合病院の看護を体験することで朝日町を知り、良さに触れることで、朝日町の活性に繋げていきます。

  • Student's VOICE

    患者様の思いや行動を尊重し、それに看護師が合わせて動くという考え方に感銘を受け ました。患者様が自分らしく生活できるようにサポートすることが看護師にとって必要であると改めて学ぶことができました。まずは国家試験合格を目指し、卒業後は一人ひとりのニーズに沿った看護を提供できる看護師となり、地元に貢献したいと考えています。

    看護学部 看護学科 4回生
    富山県・桜井高等学校 出身
    湯島 実悠

    湯島 実悠

ボランティア活動
京都市立病院ボランティア

京都市立病院との協力体制のもと、多くの医療ボランティアを学生時より体験することができます。
本学だからこそ参加できる、医療の他職種連携ボランティア活動などを身近に感じることができます。

ボランティア活動
  • Student's VOICE

    以前から災害看護、防災活動には興味があり、先輩から「ボランティア活動に参加することで価値観が変わった」と聞いたのがきっかけで、大規模災害対応訓練に傷病者役として参加。医療チームの連携を実際に目の前で体感することで、自身の患者様との関わり方などを考え直す良い機会となりました。

    看護学部 看護学科 4回生
    京都府・西京高等学校 出身
    髙橋 菜々子

    髙橋 菜々子
  • Student's VOICE

    これまで、防災イベントで子どもたちに災害への備えについて伝える劇のスタッフをしたり、病院で行われる訓練で患者役をしたりしてきました。ボランティア活動は、さまざまな人と交流して視野を広げるチャンス。看護師に不可欠なコミュニケーション能力を磨くため、今後も参加していきます。

    看護学部 看護学科 4回生
    京都府・洛西高等学校 出身
    森下 洋也

    森下 洋也

滋賀県 高島市民病院

病気のとき以外でも地域の身近な健康づくりの拠点となるようにと地域に根差された高島市民病院のお祭りに、本学も参画。老若男女問わず、「看護体験」ブースや本学で学ぶ内容を学生主体となり、ブースを運営しています。

  • Student's VOICE

    病院のお祭りで、バルーンアートを提供しました。普段の入院生活とは違った雰囲気のなか、患者様と看護師さんがとても楽しそうにコミュニケーションを取っていたことが印象に残っています。また、患者様の反応を素早く察知し、臨機応変に対応することの必要性を感じました。実習以外の場で患者様や看護師さんと接した経験が、自分の成長につながりました。

    看護学部 看護学科 4期生
    滋賀県・比叡山高等学校 出身
    城本 有紀

    城本 有紀
学部・編入学紹介
看護学部紹介
カリキュラム
臨地実習
ICT教育(学修支援)
国家試験対策
キャリア支援
奨学金制度
編入制度
生涯看護教育・
産官学連携
卒業生VOICE
  • 京都看護大学四万十看護学部(2023年4月設置構想中)
  • 京都看護大学 6つの特色
  • 卒業生VOICE
  • 資料請求
  • オープンキャンパス スケジュール一覧
  • 教えて京都看護 Q&A
  • 「看護留学って、知ってる!?」富山県・朝日町の看護学生修学資金貸与制度について
  • 看護の智 共同開発センター
  • nasic ナジック 学生マンション
  • 卒業生ページ
  • 京都看護大学 Facebook
  • 京都看護大学 Line Account Page
  • テレメールで資料請求する
  • 公益財団法人日本高等教育評価機構 大学機関別認証評価
  • 京都府生涯現役クリエイティブセンター