学生の声・学生の1日

学生の声・学生の1日

  • 看護学部 看護学科 1年生

    松田 葵以さん

    私立平安女学院高等学校 出身

  • 患者さんと直接関わって、
    身体や心の援助をしていきたい。

    ニュースや新聞で医療事故や病気に関する話を耳にするうちに、人の命に関わる仕事に就きたいと思うようになりました。身体だけではなく心も助けられるようになりたいと思ったことが、看護師を志した大きなきっかけです。常に思いやりの心を持ち、患者さんの心身のケアを十分にできる看護師を目指しています。

    看護について深く学べることが
    単科大学の一番の魅力です。

    単科大学なので、少人数で深く学べると思い入学しました。実際に図書室には看護や医療系の本が揃っていて、資料が充実している環境だと思います。看護という学問は奥が深く、学ぶことがたくさんあると感じています。多くのことを吸収できる素晴らしい大学生活になると思うので、ぜひこの場所で一緒に学びましょう。

  • 7:00~ 起床・朝食・登校準備
  • 8:00~ 通学(約30分)
  • 9:00~ 授業
  • 12:10~ ランチ
  • 13:00~ 授業
  • 16:20~ サークル
  • 18:30~ 帰宅(約30分)
  • 19:00~ 夕食・入浴
  • 21:00~ 勉強
  • 23:00~ 就寝
  • 看護学部 看護学科 1年生

    宇佐美 哲さん

    静岡県立静岡西高等学校 出身

  • 学校の歴史を作るという、
    新鮮で貴重な体験をしています。

    京都で暮らすのが夢だったこと、また1期生として学校の歴史を作れることに魅力を感じ入学を決めました。これから入学してくる人たちの大学生活が有意義なものになるように、自分たちが先頭に立って様々な取り組みをしています。

    将来は、小児の認定看護師資格を取りたいと思っています。地元・静岡の小児病院で、重病と闘う子どもたちに温かく接していた看護師のように、多くの子どもたちに目を向けて小児看護に関わっていきたいです。

  • 看護学部 看護学科 1年生

    西川 実花さん

    京都府立東宇治高等学校 出身

  • 看護師の言葉には、
    人を笑顔にする力がありました。

    祖父が入退院をくり返していたときにお見舞いに行き、そこで患者さんが看護師の一言で笑顔になっているのを見て心を打たれました。患者さんの心に寄り添える看護師になることを目標に日々努力しています。京都看護大学は看護の知識が身につくのはもちろん、地域の人と触れ合い、文化や歴史を学ぶ京都ならではの授業があり、社会的・精神的にも成長できる大学だと感じています。

ページトップへ