臨地実習

臨地実習

実習を通して実際の看護を身につけ、
ニューリーダーに求められる素養を培います。

学内の講義、演習による知識や技術の学習を基盤に実習を通して実際の看護を学びます。1年次では看護の対象として「人」と直接触れ合う実習を経験します。実習は4年次までに段階的に行われ、学生は発展的に学ぶことができます。特に3年次に集中して臨地実習を行うことで、4年次にはさらに実践知と理論的科学的根拠を統合し、臨床知に転換する力を養います。このことより新人看護師からニューリーダーになる素養を培います。

1年次

医療・ケア環境を理解し、看護の重要な役割である日常生活援助の実際を学びます。

1年次 生活行動援助論実習 1
↓

2年次

医療機関における看護師の役割について学びます。また実際に患者を受け持ち、看護計画を立案し、指導者の下で実践します。

2年次 生活行動援助論実習 2
↓

3年次

赤ちゃんからお年寄りまで健康の回復と増進について、在宅から病院・施設等で療養する人々の看護計画を立案し実践します。また看護専門職の役割を理解し、関連職種との連携・協働するための基礎能力を培います。実習病院は京都市立病院をはじめとする国内有数の最先端医療から高度医療を担う専門病院、地域に密着した病院まで揃っています。それぞれに特色があり、学べる内容も豊かです。

生活行動援助論実習 2
↓

4年次

これまでの講義、演習、各領域の臨地実習で学んだことを統合し、より実践的な能力を養うための看護を展開します。看護の本質に触れ、看護学を追究する姿勢を身につけます。また、国際看護論実習ではスイスやドイツの病院で見学実習を行い、国際社会で活躍できる能力の基礎を培います。

課題探求実習 国際看護論実習(選択制) 総合実習
イタ・ベーグマン・クリニック(スイス) フィルダー・クリニック(ドイツ)

臨地実習病院・施設

最先端医療から地域に密着した病院・施設まで
京都市内を中心に充実した実習病院で学べます。

【臨地実習病院MAP】

他の大学では実習先の施設が遠い場所になることもありますが、京都看護大学の実習施設は京都市内を中心に所要時間平均30分以内の施設で行います。精神的な負担はもちろん、経済的にも余裕を持って実習に取り組むことが可能です。

(クリックで拡大します)

【臨地実習先一覧】

病院

実習先 所要時間
京都市立病院 約1分
京都大学医学部附属病院 約35分
京都府立医科大学附属病院 約25分
京都第一赤十字病院 約25分
京都第二赤十字病院 約20分
京都医療センター 約35分
京都大原記念病院 約60分
京都桂病院 約20分
京都武田病院 約10分
がくさい病院 約3分
シミズ病院 約20分
洛西シミズ病院 約40分
洛和会 丸太町病院 約20分
洛和会 音羽記念病院 約35分
西山病院 約35分
宇治病院 約55分
医仁会 武田総合病院 約45分
康生会 武田病院 約15分
三菱京都病院 約15分
大津赤十字病院 約45分

訪問看護ステーション

実習先 所要時間
京都大原記念病院
訪問看護ステーション
約60分
訪問看護ステーション「がくさい」 約30分
訪問看護ステーション聖護院 約30分
宇治病院訪問看護ステーション 約55分
大津赤十字訪問看護ステーション 約45分
西大津ケアステーション 約45分

保育園

西七条保育園 約10分
川勝寺保育園 約15分
祥豊保育園 約20分

老人福祉施設/老人保健施設

総合福祉施設 京都桂川園 約30分
宇治病院 平成老人保健施設 約55分
介護老人保健施設「がくさい」 約40分
健光園あらしやま 約30分
特別養護老人ホーム長等の里 約60分

2016年3月現在

ページトップへ