資格・就職

資格・就職

資格取得

京都看護大学では、卒業と同時に看護師国家試験受験資格が取得できます。
国家試験合格後、看護師資格が取得できます。

取得資格看護師国家試験受験資格

国家試験受験対策

1・2
年次

国家試験科目については小テストの実施など、確実に知識が身につくようサポートします。

E-learningシステムなどを活用して、自主的な学習をサポートします。

模擬試験も実施予定です。

国家試験必修問題はクリア!
3
年次

臨地実習での経験・学びは確実な知識になります。

多くの経験をして、豊富な知識と的確な判断力を養い、状況設定問題への対応を確実なものにします。

国家試験受験レベルへ到達!
4
年次

国家試験対策講座や模擬試験の実施などにより知識を定着させます。

就職について

学生の進路指導については、看護学科の教員の指導のほか、学生支援課の就職担当者や本学内に設置する「看護の智協働開発センター」と実習先を中心とする病院等との連携による説明会をきめ細かく実施します。病院以外の各種団体や機関等も含めた多くの選択肢の中から適性の高い進路を選択できる体制を整えます。

看護師としての主な就職先・進路

【医療・福祉施設】
病院・診療所、老人保健施設、訪問看護ステーション など

【その他】
大学院進学、海外留学 など

就職支援プログラム

就職サポート

本学では学生支援課就職担当を置き、「看護の智協働開発センター」と連携し、「就職支援プログラム」「個別の就職支援」「求人・就職情報の提供」という3つの柱を基本に、学生一人ひとりの就職活動をそれぞれの適性に応じてサポートします。

奨学金

充実した病院奨学金(京都市を含む)

本学では本学独自の奨学金の他に、病院奨学金も充実しています。学生の希望に沿うよう出身地(地元)を含めた希望地の病院の相談にも応じます。

就職支援プログラム

「看護の智協働開発センターの活用」

「看護の智協働開発センター」には、現職の看護師、卒業生、市民、教員などが集い交流して、研修や研究など智の開発が行われます。学生も自由にその交流に参加することができるため、自己のキャリア形成、発達に対して具体的なイメージを持ち、就職に対する関心を促進します。

ページトップへ