建学の理念

建学の理念

建学の精神

京都看護大学の建学の精神には、「明徳・格物致知の実践」を掲げます。 「明徳」、「格物致知」は、中国の五経の一つ『礼記』の「大学」に表された一節であり、「人は、『格物致知』すなわち物事の道理や本質を深く追求し理解して知識や学問を深めることにより、『明徳』自らが持つ天から与えられた優れた徳性を明らかにすることができ、人は、この自らの徳性を認識したとき、おのずと自ら及び他者に対して公明な愛を向けることができる」ものと解しています。

看護を学ぶ者は、看護に係る道理や本質を深く追求し理解して、知識や学問を深めることにより、看護専門職者としての自らの役割を認識したとき、自ら及び他者に対して、「いつくしみ」を持った看護を提供することができると考え、「明徳・格物致知の実践」を本学の建学の精神と致しました。

大学設置の理念

大学設置の理念 京都看護大学は、京都市立看護短期大学の伝統と教育資源を承継し、さらに私立の四年制大学として設置致します。この公立短期大学は、「豊かな人間性と教養に富み、高い倫理観に基づいて、人の生命と健康を守り、広く社会に貢献する人材を育成すること」を理念とし、看護師育成のみならず、看護師支援モデル事業、公開講座など社会貢献の一翼を担って参りました。 この教育的資源、伝統を承継し、本学を設置することは、京都市民及び関係各者からの強い要望と期待に応えることでもあります。

本学では建学の精神「明徳・格物致知の実践」のもと、一層飛躍することを目的とし、大学設置の理念を「高度な医療技術と多様な社会ニーズに対応できる専門的な学術理論及びその応用を研究教授し、高度な知識・技術・医療倫理、そして豊かな人間性を身につけ、幅広い教養と国際的な視野を備えた専門的人材を育成し、保健・医療・福祉の発展に貢献すること」と致します。

また京都府内唯一の看護単科大学として、地域・京都市において看護専門職として社会に貢献する人材を育て、看護に係る高度な学術的知識だけでなく、国際社会に生きる一人の人間として、高い医療倫理や豊かな人間性を身につけ、幅広い教養と国際的な視野を備えた専門的人材の育成を目指します。

教育目的・目標

教育理念
ページトップへ